採用情報Employment Information

2021年卒 M.I

公教育ソリューション事業部

Q.仕事内容を教えてください

校務支援システムの導入サポートに携わっています。各学校に向け自社システムの操作研修会を実施するほか、仕様を決めるために学校の先生方とお打ち合わせ、さらにはシステムを稼働するにあたって必要なプログラムテストやマスタの整理等、営業寄りの業務から開発寄りの業務まで幅広く行っています。その他にも、社内業務を円滑に進められるよう、会議の議事録や先生方から頂いた資料を整理する等、社内向け資料の作成にも携わっています。

Q.入社後の印象は?

開発課の業務は1日中机に向かって黙々と作業をするイメージがありました。しかし、今はSEとしての業務が主であるため、学校の先生方と仕様についてやり取りをする機会や社内会議も多く、多岐に渡る能力が求められると実感しています。例えば、先生方と仕様を決めるための打ち合わせをする際は、相手の話を的確に聞き出すためのヒアリング能力が必要でした。また、開発していく工程では、お聞きした要望をどのように機能実現できるかを考える能力や、作業を円滑に進めるためのマネジメント能力が求められると思います。

Q.一番嬉しかったことにまつわるエピソードは?

システムを稼働し始める際、操作マニュアルを提供するほかに、学校の先生方に操作方法をより効果的にご理解いただくためにも、操作研修の実施は欠かせません。自社システムの操作研修会で講師を担当できたこと、さらには、お伝えした内容を先生方にご理解いただけたことが嬉しかったです。それでもなお、すべての研修内容を私一人で担当したわけではなく、社内のロープレ含め、先輩社員のお力添えあってこそ講師としてデビューを果たすことができました。今後は、冒頭の挨拶から一貫して講師を担当できるよう努めてまいります。

Q.入社して、一番自分が変わったところや成長したところは?

入社時に比べると、先輩社員から受けた業務1つ1つに対し、よく考えて行動できるようになってきたと思います。資料1つ作成する業務でも、言われるまま直ちに作業を始めるよりも、なぜ今資料が必要とされているのか、どなたが資料を読まれるのか、取り入れるべき項目や内容は何か等、作業を細分化してから業務にあたる方が効率が良かったです。また、SEは要件定義書や帳票集、操作マニュアルなど細かい資料を作成する業務が多いので、作業した時間が丸ごと無駄にならないよう留意したいと思います。

Q.就職活動中に心がけていたこと等、アドバイスをお願いします。

自分が目指したい将来像が何か考えた上で、就職活動を取り組むことが重要だと考えます。私が就活生だった頃は、やりたいこと、興味のある業種が多かったため、一人ブレーンストーミングを行い、本当に受けたい業界業種に的を絞って就職活動に挑みました。今思えば、目標やビジョンを明確にしたことで、今やるべき課題を見つけ出せたほか、就職活動が楽しくなるきっかけにもなったと思います。最後に、体は資本です。体調管理に十分気をつけて、そして後悔しない就職活動になるよう頑張ってください。

新入社員インタビューTOPへ戻る